太田市の子どもの小児矯正歯科

「特別な治療」ではなくなりました

10~20年前くらいのイメージだと、子どもの矯正治療と言えば、 経済的に余裕のある一部の人だけが行う特別な治療というイメージがあるかも知れません。

保護者の方とお話をしていても

「そういえば同じクラスだった○○ちゃんがしていたなぁ」

といった感覚かもしれません。

ですが、現代の子どもたちの状況は、そのころとはかなり異なります。

「最近の小学生はあごが細い」
「噛む力が年々と弱くなっている」

といったような話をテレビや雑誌などで目にしたことはありませんか?

現代は食生活が変化して、ハンバーグなどのやわらかい食べ物ばかりを好んで食べている子が多くなっています。

やわらかい食べ物は噛む回数が少ないので、あごが鍛えられません。

食生活以外のも様々な理由があるのですが、現実的に子どもたちの噛む力が弱くなってきているのです。

そして、あごが発達せずに細いままでいると、本来の場所に歯が生えてこないことで「歯ならび」「噛み合わせ」が悪くなってしまうのです。

いわゆる「窮屈なせまいところに歯が生えてくる」状態です。

10年~20年前ではおきていなかった歯ならびの問題が現代の子どもたちに発生しているのです。

本来は生え替わりの時期には、あごが鍛えられて大きく発達する時期なのです。

しかし、現代の子はやわらかい物ばかり食べているでいか、あごが充分に発達しないことが多いのです。

細くてシャープなあごは一見スマートな印象があるかも知れません。

ですが、細いあごでは永久歯が生えてきても、きちんとした場所に歯が出てくるための十分なスペースが足りなくなってしまうのです。

矯正治療は予防歯科です

皆さんの中には「矯正歯科」「歯ならび」「かみあわせ」というと「見た目」を思い浮かべる方が多いと思うのですが、 実は「見た目」などよりも、もっと大切なことがあるのです。

歯ならびがしっかりまっすぐになっていないと、歯ブラシが届かない場所が出てきてしまいます。

歯が届かないところは「歯が磨けていない場所」になってしまいます。

当たり前の話ですが、磨けていない場所は虫歯になってしまいます。

残念ながら歯ブラシが届かない場所は虫歯の「でこぼこスパイラル」に巻き込まれてしまうのです。

①:歯に「でこぼこ」な場所がある

②:歯ブラシが届かない場所ができてしまう

③:その場所に虫歯の菌がたまって虫歯になってしまう

④:虫歯の治療をしても、一時的で再び虫歯になってしまう

という「でこぼこ」から始まる悪循環(スパイラル)です。

お子様が歯を磨けている、磨けていないというのは歯ならびによっては限界があります。

虫歯になって嫌な思いをしないようにお子様の健康を守るのはお父さん、お母さんの大切な役目です。

矯正相談はネット予約もできます

当院に受診されたことのない方は矯正相談をPCやスマホで予約もできます!

↑ PAGE TOP