太田市の子どもの小児矯正歯科

成人と小児の矯正の違い

成人と小児の矯正治療の違いは簡単にいうと

・大人の矯正治療は歯を動かすだけ

・子どもの矯正治療は成長をコントロールしていく

ことです。

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによってより理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

その理由は、大人は顎骨の成長が終わってしまっているので歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ成長段階にあるので、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

大人の歯並びになるにつれて歯並び、かみ合わせに不具合が生じてきます。

つまり、子供の矯正は不具合が生じる前の予防矯正となります。

矯正治療を始める一番良い時期は?

「矯正治療は早い時期からがいい」とよくいわれますが、具体的にはいつでしょうか?

答えは「永久歯が生えそろう前」が矯正治療の開始に最適な時期なのです。

成長期を利用する治療なので早くから始めるに越したことはありません。

下のおとなの前歯4本と上のおとなの前歯2本が生えてきた頃がちょうど良いです

女の子 6才~10才 男の子 7才~11才

開始時期がこの年齢であれば、とても良い結果が期待できます。

男の子と女の子で治療開始時期が違う!?

女の子と男の子でも成長のスパートと時期が異なります。

個人差はありますが、女の子のほうが男の子よりも早く始まり早く終了します。

歯の生え変わりが終わってしまうのは?

歯の生え変わりが終了するのは、

女の子で10歳頃
男の子で11歳頃
です。

成長の予測には注意点もあります

身長の予測ができないことと同じであごの骨の予測も誰にもできません。

つまり、骨のコントロールには子供の矯正では完全に防げない場合もあります。

これが小児矯正がⅠ期治療とも呼ばれる理由です。
(その後の成人と同じ矯正治療はⅡ期治療と呼ばれます)

したがって、完全な改善をするために大人の矯正治療に移行する可能性もあります。

ただし以下の項目により子供の矯正治療をするメリットがあります。

①大人の矯正治療のスタートがリスクの少ない状態でのスタートとなる
②抜歯の可能性が低い
③治療期間が確実に短くて済む

お子様の矯正をお考えの方には早く始めた方がメリットが大きいのではと考えます。

適正な年齢のお子様も、もしくは年齢的に少し過ぎてしまったかもというお子様もまずは一度、ご相談されることをおすすめいたします。

矯正相談はネット予約もできます

当院に受診されたことのない方は矯正相談をPCやスマホで予約もできます!

↑ PAGE TOP